ホーム  > ★     (切腹じゃ〜)  > 病院で受ける検査がわかる本

病院で受ける検査がわかる本

■タイトル:病院で受ける検査がわかる本

■著者:済陽 高穂 (著), 林 泰 (著)

■目的:医療用語を覚える

■読者:病気になって検査を受ける必要がある人

■概要:症状に対し、どのような検査があるか、また検査結果にどのような意味があるか解説した本である。用語集のような本である。

■キーワード:健康、ヘルスチェック、トリグリセリド、腎盂、クレアチニン、バイタルサイン、ホルター心電図、血漿レニン活性、血中カテコラミン測定、アルトステロン、黄疸、内視鏡、X線、MRI、CT
■時間:1時間

■感想:読み物ではないので、理解しているかどうかはよくわかりません。ただ、最近、フォトリーディングを続けていて、ひとつ発見したことがあります。

・・・立ち読みの速度が異常に速くなりました。

繰り返し読みそうな本だけ購入するようにしています。

ただ、難しいのは、用語集や英語の専門書ですね。普通に読んでも理解できないものは、フォトリーディングを使っても理解できないということが判明!

フォトリーディングも万全じゃないというわけですね。

でも、少しずつパワーアップはしているようです!!

■パラメーター
 職業:フォトリーダーっぽい
 レベル:5
 状態:昼寝をしたので絶好調!
大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


[PR]成功率97%の【元祖】速読法
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。