ホーム  > ★★★★ (おすすめ)  > 看護経営学-看護部門改造計画のすすめ- 松下博宣

看護経営学-看護部門改造計画のすすめ- 松下博宣

■タイトル:看護経営学

■著者:松下博宣

■目的:看護部門から医療経営学を学ぶ

■読者:医療経営を極めたい人向き

■概要:医療や看護の部門でも経営的な視点が必要である。医療においても戦略的思考ができるように、一般的企業で使う戦略的な考え方を、医療版として落とし込んである。

■キーワード:アセスメント、看護診断、計画、実行、評価、計画、管理、評価、処遇、業績志向性、組織のバイタリティー、処遇、人的資源の開発、ホスピタル・アイデンティティー、方向の明確性、意思決定、組織の統合度、マネジメントスタイル、成果主義、成果の計画、成果の管理、成果の評価、成果の処遇
■時間:1時間

■感想:結構、簡単に読める本です。一般的な経営戦略を知っているからでしょう。プレゼンするときに使えそうな図表がいくつかありました。

看護経営学とは、耳慣れないかもしれませんが、欧米では一般的な考え方です。これから、日本でも進んでいく考え方だと思われます。

最近はそうでもないですが、以前の看護師の役割は看護管理だったのです。医者の補助みたいなものでした。

今後、患者の疾病管理をし、ドクターと対等な立場で役割を担う日がくるかもしれません。



最近、気付いたのですが、フォトリーディングしやすいのは、金持ち本と自己啓発系ですね。読む前から書いてある内容の予測がつきます。同じ分野の本を読みすぎなのかもしれません。


■パラメーター
 職業:いっぱしのフォトリーダー
 レベル:6
 状態:お昼にホテルで豪華な昼食を楽しんで満足・・・だけど眠れず。
大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
拙著を取り上げていただきありがとうございます。

おっしゃるように日本の医療には戦略志向と思考が必要だという信念から書いた本です。

もう何年もたちますが、けっこう読まれています。

私のサイト↑にもぜひお越しくださいね。
Posted by 松下博宣 at 2005年02月01日 15:13
書き込みありがとうございます!!
まさか著者の方から書き込みがあるとは〜
ブログもされているのですね。
また見に行きます〜
よろしくお願いいたします。
Posted by BOKU笑太郎 at 2005年02月02日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


[PR]成功率97%の【元祖】速読法
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。